教育関連情報について

勉強に集中するための切り替え方法を身につける

眠いときやわからない問題で行き詰ってしまった、気づくとスマートフォンを見てしまっているなど集中力がなくなってしまうことがあります。
頭を勉強に切り替える方法があります。
頭の中が行き詰ってしまっているときには軽く身体を動かすことがおすすめです。
身体を動かすと固まっている筋肉がほぐれて脳への血流が改善されます。
特に運動部に入っている子供や身体を動かすことが好きな子供は切り替えしやすいです。
勉強する前に軽く運動してから勉強をはじめるような流れをつくるようにします。
勉強しているときにはスマートフォンの集中を妨げてしまいます。
通知が聞こえると見ないようにしても気になりますし、一度手に取ってしまうと色々操作してしてしまい勉強が中断してしまいます。
スマートフォンは気にならない所に置くか親が預かるなどを工夫が必要です。
ただし、親がスマートフォンを預かることは年頃の子供が嫌がるかもしれません。
あくまで強制しないようにします。
勉強し続けずに、少し甘いものを食べたり冷たい飲み物を飲んですっきりさせるなど休憩を取ってメリハリをつけることがおすすめです。

Copyright(c) 教育 All Rights Reserved.