教育関連情報について

誰もが必要とする教育を受けられるわけではない

読み書きができることは、日本濃くないではほとんどの人ができます。
しかし、他国では、教育がされておらず、大人になっても読み書きができない人もいます。
本当であれば、与えられる教育がされず、働く場所も限られてしまいます。
そんな人達に、日本でいてできることも沢山あります。
それが、学校を建てることや文房具を寄付したりすることです。
また、日本の絵本などを、その国の言葉に訳して寄付する試みもあります。
現地に行って、ボランティアとして活動するのは難しくても、寄付する文房具などを提供することは、誰にもできることです。
すでに使わなくなった文房具や本を捨ててしまうのではなく、これから勉強をする人に託せます。
寄付する文房具は、学校など集めることもあれば、会社や自治体で集めていることもあります。
その他には、直接ボランティア活動をしている団体へと足を運び、必要としている人達へと届けてもらうこともできます。
この他に、学校に通う子供達の給食費を負担するボランティアもあります。

Copyright(c) 教育 All Rights Reserved.